t-products Architect's Office

2018.06.19

魚の骨の図  土岐の建方 



木造の建て方はあっという間です。1日か2日位で3次元の空間になってしまいます。
特に、その途中に現れる風景、スカスカの骨組みの内部空間が面白いです。
完成すると体感できない空間なんだよな、ついつい写真多め、です。

さて梅雨入りが2日前から始まって、この建方、天候が持つかという絶妙なタイミングでしたが、
岐阜入りの時は雨が降っていない、何とか何とか、、、持ちそう、、、と少し安堵しました。



やってます!
大量の断熱材を積んだトラックが居る。その奥。



既に柱は建っていて、梁を吊りこんでいる。



棟木の一本目。



なんとなく外形見えてきたでしょうか。



合掌の大梁に架かる棟木。
ここは棟木が一番飛ぶところ。



これが最後の棟木。





THE 棟上げ!



立体感、こんな感じです。



床の大引きを組みます。



後で大梁に架ける、登り梁がこちらに。



設計では、この登り梁、ツーバイフォーの材料で計画していたのですが、
工務店さんと製材所・大工さんが松の挽物を用意してくれました。

お昼ご飯を挟み、この工程の後に入る屋根工事に備えて板金屋さん、
屋根合板の前に仕込む必要がある電気工事の打合せ、
などなど、色々打合せていたら、、、



あっという間に、殆ど登り梁が架けられていました。早い。
それにしても、午後からは相当な晴天になってます。









並んでます。



登り梁と晴天の日差しと。
魚の骨模様、ヘリンボーン。
このままの空間でもいいのではないか、
なごり惜しさがよぎります。



遠景からみると、だいぶアウトラインが見えてきました。
大工さんたちは3時の休憩。



天井の合板を貼り始めました。









一日目はここまで。
天井面が出来て随分と雰囲気が変わりました。



お疲れ様でした。

・ ・ ・
2日目スタートです。
とても天候に恵まれています。





2日目は、天井合板の上に庇の垂木を乗せ、屋根の断熱材を敷き、最後の合板、野地板を貼ります。



まずは庇の垂木です。





内部から、庇の出幅が確認できました。



そしてトップライトの開口が開けられました。





次は断熱材。断熱性能の高いネオマフォームです。



奥の方にトップライトの下地も確認できます。





中庭の垂木も貼り進みました。



見通すと梁と垂木の連続感。





天窓や中庭の光のグラデーションも現れてきました。



とにかく、絶好調な空模様。有難いです。



母屋に付随して小さな棟があり、谷部分の取り合いは現場合わせの部分なので、
かなり手間がかかっていました。有難うございます。



天候も味方して、予定していた上棟式となりました。



棟梁の祝詞のもとに安全祈願をし、四方に御酒と塩で清めます。



お施主さんも初めてこの空間の中に入り、空間の大きさを体感して頂けて良かったです。
設計中の模型やスケッチでイメージするのは難しいですよね、
実際のスケール感で少しでもこれからの暮らしを想像して頂けたらと思います。
おかげ様です。

お昼は、お施主さんのお弁当を頂きました。どうもご馳走様でした。

今回の木工事担当の方々は製材も行っています。
プレカット打合せの時も、東濃の製材については少し聞いていたのですが、
一緒にお弁当を食べながら、今回はもう少し具体的な事が聞けました。
東濃桧というと敷居の高い印象がありますが、
話しによると、桧はもっと価格的にも多用できる材料だという。
興味深いし展開の可能性を感じます。もうちょっと色々聞く事ありそう、。



庇のアウトラインもできてきています。
なんとも天気が有難い。

お施主さん、工事の方々、
色々とどうも有難うございました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

2018.06.11

松本の家 上棟式と金物検査

建前から少し経過し、上棟式と金物検査を行いました。



お施主さんがご用意されたお弁当を囲んで、
お施主さん、工務店さん、棟梁、大工さん、構造設計さん、設計の私で会しまして、直会をしました。
お施主さんと棟梁、大工さんの顔合わせとなり、住む人と作る人、一堂に会する事が出来たのは貴重な機会でした。
お弁当のご飯がとても美味しく、他の話も運んで良い会でした。
お施主さん、工務店さん、ご準備有難うございました。

さて、内部は建て方から既に進んでいて、構造合板も建て、ブルーシートの養生もピッチリ行われています。



さて、金物検査。
各必要箇所を構造設計者に確認してもらいました。
金物はこういう形で取り付けられています。↓



お施主さんは内部の状況確認が初めてだったので確認してもらいました。



足場を上がって、



屋根!できてます。



トップライトも納まってる。
そして山並み!



これは軒先の通気です。黒い所が防虫通気材。屋根の中の湿気を逃がす機能があります。



内観も再確認。



お!
ナイス・ポートレート撮れたと思ったのに、
相当なピンボケ写真になってしまいました。修行が足りません。

さてさて、
上棟式です。



社長の祝詞も声麗しく。
安全祈願をお祈りしました。



棟梁が建物の四方に槌を打ち清めます。
この式の作法は、初めて見ました。



今まで守って頂いたアマノウズメノミコトをお清めし、
先ほどの祭壇の所に移って頂きます。



四方に鏡餅を置きます。
つき立てで、未だ柔らかかったです。
南側は、この鏡餅を落とします。下で大工さんが構え、受け取ります。

何かと式次第が興味深いものでした。



役目を終えた、アマノウズメノミコト。
今は、建物に移ってお守りして頂いている様子です。
どうも有難うございました。



皆さまも、どうも有難うございました。
そしてこれからも、宜しくお願い致します。

・・・

(お ま け)



夜の松本城、奇麗にライトアップされてました。

2018.06.01

基礎コン立ち上がる

松本から中津川経由、土岐に来ました。
今回は中津川途中下車でしたが、特急しなのに乗ると2時間位で着きます。
現場確認には便利だと思います。



基礎の立上り出来てますね。



どうにか中に入ってみる。



玄関付近



奥からの見返し
広く感じます。



遠景から
少しづつ立体感が出てきてます。
建て方まで後少し、楽しみです!
皆さま宜しくお願い致します。

2018.05.31

空にのぼる階段、松本の家の建方



白い空背景に階段がのぼっていきます。
先週は製作図と確認のためにCGモデル作っていたので、まるでCG画面の様だ・・。

この日は、松本の家の建方です。

前日は松本クラフトフェアで、かなりの晴天、日射量・気温でした。
建方当日朝は曇天。むしろ作業的には丁度よい天候です。



現場に向かうとクレーンが目印に。
もう工事は始まっています。



1階の柱が建ってます。



梁を組んで、、



床板合板を吊り上げて、



床合板張って、2階の柱を吊り上げてます。


午前中はここで一区切り。

午後一番に、階段が到着。

今回の工事では、建方と同時に鉄骨階段もクレーン使って設置してしまう段取りです。
内部造作の後に搬入、という工程も今までありましたが、非常に難儀で凄技を必要とするので、
今回は早々に登場です。



CG通りにできている!(良い意味です)



吊りこんで設置まで、かなり一瞬!
あっという間でした。



2階柱を建て(これもあっという間)2階の梁を組もうとしている所。
午後は一時的に青空になったりしました。





高所恐怖症の私としては、気の遠くなる作業です。



17時には2階梁は完了しました。
翌日から小屋合板、垂木と張っていく予定です。



遠くの山並みと小屋組みが重なっています。

・・・・

3時の休憩の時に、躯体内を見せてもらいました。
現段階の内部空間です。



階段がピッチリ納まってます!









吹抜け2か所から光が差しています。



登ってみる







山見えますね。





骨格が見えてきて、
あーー嬉しい。。。

建て方はいつ見ても、見飽きない。ワクワクします。
一応、次の床暖工事や、階段の手すり打合せや諸々もしていたのですが、かぶりつき状態でした。

クレーン作業はこの1日で完了。



皆さま、本当に有難うございました。
今後の作業も宜しくお願い致します。

2018.05.26

基礎コンクリート打ち

今週頭に、基礎コンクリート打ち。そして今週はプレカット発注。
という事でプレカット図確認のため事務所内勤中のところ、工務店さんからフォトレポートが届きました。



・・・・・
その前に型枠の風景。





ちょっとスケール感がでてきたのかな、

そしてコンクリート打ちです。







きれいな水平線です。



奥からの見え方と、



手前からの見え方

ちょっとづつ立体感がでてきました。嬉しい。。。
早々に現場確認したいと思います。

多分、快晴を超えて暑い天候だったと思います。
皆さまお疲れ様でした。
今後も宜しくお願いします。

2018.05.26

プレカット工場、鉄骨階段打合せ、&宿題などなど



建方準備が色々と進んでいます。
今回、木造の建方と同時に、鉄骨階段もクレーンで吊上げて設置してしまおう!という工程になりました。
鉄骨工場に行って打合せしてきました。
近所にプレカット工場もあるということでそちらも確認に。(なかなか効率的な打合せ日でした)

そしてまずは現場に。



この日も晴天!

基礎コンクリートが白くまぶしい!



内側の水色は基礎の断熱材です。
南の庭は広く確保しています。
諸々確認して、次。

鉄骨製作会社と打合せ。
打合せ内容多く、時間が詰まって、かっこいい工場の写真などを残念ながら撮れなかった、、、。
はい、次、
プレカット工場です。



梁の集成材のシールを確認したり、含水率を計器で見たり。
今回の物件の木材はこちら。



冒頭の写真はプレカット機です。



加工されたのはこちら。(これは他の物件の材料です)



さて、鉄骨階段の方は、、、
本体の部材構成、寸法などはこの打合せで確定しました。
製作加工されたものが来週の建方に運びこまれます。
そのあと手摺をつけてから、内部造作という順序なので、実は宿題が手摺。
方針は決まってますが、あとはディテール確認です。
部材サンプルをもらってきました。



今回の手摺はフラットバー(平鋼)で構成します。
フラットバーの小口は6㎜・9㎜・13㎜。小口を見せてシャープに見せたいと思います。



手摺材は握りやすい38㎜幅、握ってイメージ。





宿題、宿題。

上棟はいよいよ来週!
皆様、よろしくお願いいたします。
・ ・ ・
(この打合せは先週のものです。)
(宿題優先なので、日誌がたまっていってます、、。)

2018.05.26

いろいろ気になる松本民藝館

現場打合せの後、少し時間が残って、そして日が長くなったものもあり、松本民藝館に行ってきました。



たのしげな、何者か、。

民藝館の周りは田植えを済まして、水鏡と山。



入り口はこんな感じの門構え。



隣の塀も気になります。ここら辺特融の積み方、ということではなさそうだ、。



門の中のアプローチ。季節がいいですね。







入った展示室に発光する八角テーブルがあります。



世界の色々な櫛コレクション。



冒頭のこの方。いいお顔です。





そして皆さん楽しげです。



今回の「みつけもん」はこちら。



「お神酒口」というそうです。
神棚のお神酒の口に、神様にお酒がここにありますよーー!とお知らせする飾りだそうです。
日本の北・東・西・南、全体的にこの習わしがあったそうです。



こんな感じだそうです(ピンぼけ失礼します)






ペアのものから、ミックスダブルス(アレンジあるもの)もあります。





木材を薄く裂いて、水引みたいに造形しています。
こういうもの、手が考えてつくっているような気がします。
最近は作り手さんも限られているそうです。
私も事務所に神棚つくろうか、、。手元に置いておきたい手の仕事です。

窓からは春を感じるトラクターの音



まだまだ行きます。
次はしめ縄特集!









興味が尽きませんでした。。。

で、又いいところにベンチとか窓とかあって。





夏の準備ですね。
こちらは、上棟の準備です。

2018.05.12

鉄筋まぶしい晴天の検査

今回も晴天!
この日は鉄筋検査とプレカット打合せの2本立て。



とにかく、まぶしい。そして出来てる、出来てる。
空が広い!のと鉄筋のグリッドがモアレ状に見え、遠近感がわからなくなりそうです。



天気は最高なのに、マイカメラ(広角)のご機嫌が悪い。
という事でスマホカメラのパノラマ設定でなく、手動パノラマで広角につなげてみました。

居間からの眺め



中庭からの眺め



そして、一番奥からの眺め



鈍角に曲がってます。いい曲りです。



背骨伸ばしてる感じでしょうかね。

鉄筋検査の方は、構造設計さんの指摘何点かはありましたが、すぐ調整・対応できる内容でした。
鉄筋工さんが良いのか奇麗に組んであります。

午後はプレカット打合せ。
工務店さん、担当大工さん、プレカットさん、構造設計さんとお施主さんも同席の打合せだったので、
構造納まりと造作納まり、材料、段取り、建て方までの一通りを見通して打合せすることが出来ました。
今回の担当大工さんは製材もしているらしく、通常だったら特注材の様なものでも対応可能だそうです。

雑談中、「こういう大きな径の○○m長さの杉はないか?」と聞くと、
どこに何が植わっているかすぐわかる仙人みたいな人が居る、などなど面白い話も聞けました。



敷地遠景。
手前は敷地ではないんですが、この雑草エリアは畑になるそうで、なかなかの解放感!
色々と楽しみです。
今後も宜しくお願い致します。

2018.04.28

着々と鉄筋検査

松本の家は鉄筋検査となりました。



2週前の更地から、出来てます!ワイヤーフレーム!



北側から。
工事車両停まってますところは、広めに確保された庭エリア。
将来、緑で満たされますように!
快晴でした。



さて検査です。構造設計さんと施工者さん。





スリーブの位置確認。などなど。
にしても、平衡感覚に乏しい私は鉄筋の上を歩くのがド下手、、。



鉄骨階段の基礎。
そしてスケール感も確認。

鉄筋検査は完了しました。
皆さまお疲れ様でした。

その後、工務店さんの会社で、月間工程の確認、納まり打合せなどを行い夕方まで目一杯。
工務店さんの立地の近くに、大信州の蔵元さんがあって、色々聞いていたら、
美味しい夕飯と信州のお酒を頂いてしましました。大信州の稲光、閑雲野鶴、美味しかったです。
地鎮祭でお施主さんがお持ちになった奉献酒の高天もとても美味しかった。
色々とどうも有難うございました。

翌日お施主さんと現場に行き、着々とした進行を確認しました。
今後とも宜しくお願いいたします。

2018.04.27

超特急散策 松本

中津川からの乗り継ぎが、かなり良くて、午後の打合せまで時間が余ってしまいました。
そういえば十数年前に見学したあの建物はどうなってるのかな、という事でサクッと確認に行きました。



松本市民芸術館です。以前オープン前の見学会に参加しました。
設計は伊東豊雄さんです。
エントランスを入ると大階段!ザ劇場という階段ですね。



壁面にちりばめられた水滴みたいな開口部。



新緑が覗きます。



そしてホワイエ。
ひろーーーーい!



赤いじゅうたんが又劇場。
流線形のベンチの周囲が発光しているようなグラデーション染付。

平日の午前中という事もあって、催し物はありませんでした。
劇場の華やかさもオープン時から変わらず華やか。音楽ホールとして利用率も高い様です。

一人で贅沢にウロウロ。この空間と広さ、ちょっともったいない気もします。
ホール使用していないとき、高校生や市民サークルなどに開放して利活用できたら良さそうですね。
などと妄想するひと時でした。



通りを出ると対面に松本市美術館。
うゎ、、草間彌生展!
んーーー見てしまえ!



集大成的展覧会を誠に恐縮ではございますが、30分で見切る!すいません!
草間さんの作品は今までちゃんと見た事が無かったので、
初期の作品から網羅して見ることができて見ごたえありました。
特に初期は作風の萌芽の元をみて、納得感が。



この美術館の中庭のスケール感が良かったです。



山並みも見えた!

そしてお腹も満たさなくては!

雰囲気の良さそうなブックカフェがあったので、駆け込み、



カレーを注文して、



空間を見回して



本を物色。



お寛ぎの所をよそ目に、カレーを胃に最速で納め、
駅までダッシュ!

又今度
落ち着いた日に来ます。。

|all articles| next >

2018.06.19 魚の骨の図  土岐の建方 
2018.06.11 松本の家 上棟式と金物検査
2018.06.01 基礎コン立ち上がる
2018.05.31 空にのぼる階段、松本の家の建方
2018.05.26 基礎コンクリート打ち

all articles >