t-products Architect's Office

2019.05.12

江の浦と箱根

四月のはじめ、
江の浦と箱根に行ってきました。
調度、桜の咲き始めの時です。
(既に一か月も前ですね)



海の見える江の浦駅



江の浦には「江の浦測光所」という美術館があり、その見学が目的でした。
残念ながら内部の写真は公開できないのですが、
建物の細部など興味ある所が多かったので、パシャパシャ記録しました。



庇の納まりシャープだな、と見上げると桜。



下を見ると桜の木漏れ日。



雨落としの砂利、ではなくて、見事な玉石



マニアックな継ぎ方をしてるなーとカウンター材を眺め、。
板材、といってもそれぞれ大版で、それぞれの木の形を活かしたまま、継ぐ、それもきれいに、
現物を見ると色々立ち止まって見てしまいます。

ただ、これだと建物の雰囲気分からないですよね。。
実際に行くのが良いと思います。



何しろ海が見えて



猿の腰掛的な、謎のキノコを発見したり、
晴天だったり、で、
ほぼ遠足でした。

その足で、箱根菜の花展示室へ



山が笑い始めている

牧山 花さんの展示を見に行きました。
夏用織物がずらっと並んで、今までの色々な柄を見る事ができました。
着物に仕立てたらさぞ涼やかだろう。。
「牧山 花・夏ころも」



展示空間も良かったです。



足元の左官の表情



ホールや他の展示室







トイレまで念入りに撮影してしまいました。



遠征では気分転換の要素がほとんどですが、
色々な所で、上手く・気持ちよく、使われている空間や建物を見るのは嬉しいものです。
そういう計画や設計につながる様に、写真パシャパシャ、記録しています。


2019.02.26

こんにちは、打合せデスクです。



いつも書類や雑誌やサンプルやで、色々積層しがちな打合せ用デスクです。
模型も作ったりします。

急遽整理整頓。たまに顔を出すテーブル面は広かった、。
いらっしゃいませ
ですね。

2019.01.01

今年も宜しくお願い致します。2019



明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。

昨年は携わっていた住宅設計の2件が完成引渡しとなりまして、
施工の方々、関係の皆様には色々とご協力頂きましてどうも有難うございました。
そして改めて、お施主さんの方々には、この貴重な機会を頂きまして、どうも有難うございました。
今後とも宜しく宜しくお願い致します。

実はこの2件の現場監理を行うにあたって、「特急しなの」を利用することも数回ありました。
中山道、木曽路、今まで自分で通ったことのない陸路でもあり、業務上の利便性の確認で乗ってみたのですが、
車窓の風景に大変興味を覚え、中津川から馬籠宿に寄ったり、木曽福島に1泊だけしてみたり、色々出張経路を試しておりました。
又、東濃地域から名古屋経由の建築探訪も、なかなか機会がないのでこの機会に、、、と画策はしていました。

土地勘とか土地の住み方、暮らし方の感覚とか、集落と生業のでき方、というものは、
実際に行ってみないとわからない事も多いので、これらのお仕事で行けたのは貴重な経験でした。
改めて、昔からここに人が住んでいる、という感覚を吸い込むことが出来ました。
どうも有難うございました。

さて、
出来上がりの家については下記にご紹介いたします。
是非見て頂けますと有難いです。

 ・ ・ ・

「土岐の曲り屋」



岐阜県土岐市にできました、平屋の家です。光土間があり、わずかにゆるく曲がった曲り屋です。
(できたてアルバムと、工事の様子をレポートしています。↓)
http://www.t-products.net/reports/toki-magariya/


 ・ ・ ・

「間窓の家」



長野県松本市にできました、吹き抜けとギャラリーのあり、室内に窓のある家です。
(できたてアルバムと、工事の様子をレポートしています。↓)
http://www.t-products.net/reports/matsumoto-house/


 ・ ・ ・

今年も精進し設計にのぞみますので、
今までのお付き合いの方々には、今後とも、
これからのお付き合いの方々にはこれから、
どうぞ宜しくお願い致します。

2019年 元旦
ティー・プロダクツ建築設計事務所
谷口 智子

2018.12.21

間窓の家 できたてアルバム



松本の「間窓の家」できたてアルバムです。
この日も晴天に恵まれ、太陽の光を追いかけての撮影となりました。
これから、お施主さんがお持ちの版画の額などが、
窓と共存しながら飾られる予定です。楽しみ。
まずは、その前の素のままの風景を記録しました。















































「間窓の家」
・ ・ ・
間と間のあいだの窓

ここに住む人は、愛着のある版画の額や物品を沢山集めていました。
今回の家造りは、人の居る場所づくりと飾る壁づくりからスタートしました。

額や物を飾るには、その背景となる壁や余白を多く用意することにしました。
アルバムの台紙、ページを増やす様に、間仕切り壁を作りました。
部屋を廻ることは、ページをめくることと似ていて、ページそれぞれのシーンがあり、
次のシーンへの切り替えや予感させる展開になると良いと思いました。

一方、暮らしの間仕切りは、使い勝手に合わせて間仕切ると共に、
家族それぞれの気配を共有できる、空気が通う一つの家にすることが、
お施主さんの住み方に丁度良いと思われました。

間仕切り壁に窓を付けました。

人影が見えるかもしれない。
呼べば答えが返ってくるかもしれない。
向こうの部屋に飾った絵が見えるかもしれない。
日光が思わぬところに陽を落とすかもしれない。
あちらの灯りが、この部屋に暖かく漏れるかもしれない。

今居る場所から、次の間に広がる連続感を持ち合わせた
余韻のある空間を目指して設計しました。

・ ・ ・

所在地:長野県松本市
木造2階一戸建て住宅

建築設計:ティー・プロダクツ建築設計事務所 谷口智子
構造設計:KMC 蒲池健
建設会社:株式会社エムエーシー 百瀬衛貴男 小笠原香織

写真撮影:安田誠建築写真事務所

2018.12.07

土岐の曲り屋 できたてアルバム



できたてアルバム=竣工直後の写真。おかげ様で出来上がりました。
既にお引越し完了、暮らしが始まったので、これからお施主さんの空間に育っていく予定です。
そして、お施主さんと打合せて計画したプランが本領を発揮してくれる事を願うばかりです。
写真家さんに沢山撮ってもらい、写真多めで掲載します。





















































「土岐の曲り屋」
・ ・ ・
0)
敷地は南側に大きく畑がひろがります。
この畑を眺める様な平屋の家に住みたい。
というのがお施主さんのご要望でした。
1)
作る・食べる・憩う・勉強する・稽古する・遊ぶ・お風呂・寝るという居場所と、
内と外の行き来がしやすい、半屋外の光土間を用意して、
長い屋根の下に一緒に並べて配置する住処を構想しました。
2)
そして、この長い屋根を
わずかに、ゆるく、曲げました。
曲がったその先は、空間を移動することで、見えたり・隠れたり。
この緩い角度の作用で、目線を多方向に拡散させています。
室内風景の遠近感や視界変化の楽しさ、
それと、伸びのある大らかさが、少しだけ加味されました。
3)
これからお施主さんが南の畑に、食べられる緑、愛でる緑を育てます。
家族の成長と共に成長する風景が内側にも外側にも展開するような
ゆるやかな骨格を目指して設計しました。

・ ・ ・

所在地:岐阜県土岐市
木造平屋一戸建て住宅

建築設計:ティー・プロダクツ建築設計事務所 谷口智子
構造設計:KMC 蒲池健
インテリアデザイン:Kototoma Design 井口麻衣
建設会社:株式会社ビーシー西部 西部竜幸 西部将成

写真撮影:安田誠建築写真事務所

2018.11.07

有難うございました。松本 間窓の家

おかげ様で松本の家も無事引渡しとなりました。
板塀などの外構工事が完了し、これからお施主さんがどんどん植えるであろう「緑の庭」の下地ができました。



・ ・ ・
そして先週末は、2日間内覧会をさせて頂きました。
遠方からの方、近隣から起こし頂いた方、どうも有難うございました。



お子さんもいらして、2階の回遊プランや階段は遊んでもらえた感じでした。
次の予定がある方も時間を大幅に超えて、じっくりと説明をお聞きいただき、又多くのご質問頂き有難うございました。

2日目の夕方近くはもう来場の方がいらっしゃらなかったので、
お施主さん・工務店さん・設計で床暖の床に直に座って座談会状態になりました。
床暖あたたかいとか、住んでから何を飾るかとか、工事中のこぼれ話とか、他の雑談も。
この家づくりに関わった人が輪になって寛いでいる時間は、意外と今までなかったと思います。
良いシーンでした。

とにかく、お施主さんがお引越し前に、こちらを開放していただいたことは貴重な機会でした。
多大なご理解とご協力どうも有難うございました。

・ ・ ・
さて、その前日の事ですが、竣工写真も撮ることができました。
今回も、本当に「雲一つない、大快晴!!」



でしょ?!
(信じてもらえなそうな、青ですね、。)

一週間天気予報をにらんだ甲斐がありました。
今回も撮影は安田さんです。



私の方は撮影のお手伝いをしながら、丸ごと一日、この家に差し込む日光を追いかけていました。
午前中の日の差し方、午後の陽だまりが何処にあたるか、
夕暮れ時の照明スイッチの付け消し、ライトアップAパターン・Bパターン等々、色々試しました。





それにしても、予想外に陽の欠片が現れる、。(特に2階の階段室)
部屋の中に設けた室内窓を通してとか、西のスリット小窓とか、ガラスにあたった反射光とか、色々です。
お引越し前の空間を十分確認できました。



これからお引越し。
建て主さんの愛着の家具、物が入居して、版画などの額がディスプレイされたり、
庭に樹々と自家栽培畑、緑もりもりになったりと、これからどんどん住む方の住まいになる予定です。
私も、それらの構想は前からも、引き渡し時もお聞きしているので、楽しみ。

・ ・ ・
建て主さん、この設計の機会を頂きましてどうも有難うございました。
どの方もそうですが、真剣にディスカッションして、ブラッシュアップできた、お施主さんとの設計でした。
又、工事を行った株式会社エムエーシーの百瀬さん・小笠原さんどうも有難うございます。
住んでからの家について誠実な姿勢で現場対応頂きました。時にお二人の掛け合いでほどける現場でした。
改めて御礼申し上げます。そして今後ともメンテナンス等宜しくお願い致します。

良い家になります様に!

ティー・プロダクツ建築設計事務所
谷口 智子

2018.10.29

有難うございました。土岐の曲り屋

土岐の曲り屋は無事、完成引渡しとなりました。



10月27日に引渡し、取り扱い説明となり、
27土・28日と内覧会をすることができました。



内覧会では、日頃お世話になっている方、遠方から来ていただきましてどうも有難うございました。
又、近隣にお住まいの方も、予想外に着て頂くことが出来まして大変ありがたく思っております。
近隣の方々は、「工事中から見ていた」というお話しもありまして、工事中はどうも有難うございました。
ご興味頂け、又ちゃんとご説明の機会を頂きまして有難うございました。



昼間はこちらで床に腰かけて話したりしていました。

・ ・ ・

さて、お引渡しですが、
先週の修正工事確認や、設備機器の取り扱い説明、引渡し書類等の取り交しなどを行いました。



キッチン・浴室・便器の説明や



宅内排水・ガス・電気関係の説明、
とにかく、全てを網羅して説明なのですが、結構な量です。



取り扱い説明書や保証書の束を工務店さんがファイルにしてくれましたが
とーーーっても分厚い一冊です!

使いこなすのはこれから徐々にですね。
もちろん、なにかあれば工務店さんが備えている体制です。

その前々日、竣工写真も撮影できました。
撮影は安田誠建築写真事務所の安田さんです。
出来上がりが楽しみです。



さて、この様に色々なことをさせて頂きまして、本当にお施主さんのご理解とご協力に感謝いたします。
又、とにかくこの設計の機会を頂けましたこと、本当にどうも有難うございました。

又、東京と土岐という土地の離れた所での現場監理は、工事を行った工務店さんの技術力によるものと思います。
工事担当されたBC西部さん、又職人さん、どうも有難うございました。

お施主さんとはかれこれ本計画で2年ほどお付き合いさせて頂き、
設計打合せの期間のディスカッションも活発に楽しく行う事が出来ました。
これから、そこで計画した住まいのビジョンが具現化する事となります。

良い家、楽しい暮らしとなることを、心からお祈り申し上げます。

どうも有難うございました。
ティー・プロダクツ建築設計事務所
谷口 智子

2018.10.25

松本「間窓の家」内覧会のお知らせ

反射光がもれる窓と余白がこの家の素材です。
空間の中の窓から、多方向に反射する光を覗いてみてください。



この度、建て主さんのご厚意により内覧会を行う運びとなりました。
是非この機会に内部空間をご体験頂けると幸いです。

2018年11月
 3日(土)12:00~17:00
 4日(日)10:00~16:00

長野県松本市:南松本駅(JR篠ノ井線/松本乗換え)から徒歩15分程度
JR松本駅からタクシーで7~10分(片道1500円程度)

●お問い合わせ頂いた方に案内図をお送り致します。●
お問合わせメール:

info@t-products.net

谷口まで

 ・「間窓の家」参加希望・お名前・メールアドレス・携帯などの連絡先をご明記ください。
 ・pdfファイルをお送りしますので、受け取れるメールアドレスが良いです。
 ・案内図メールが届かないなど不具合も考えられますので、携帯などのご連絡先もあると助かります。
 ・又上記の場合、谷口携帯 090-4384-8252 までお問合せ下さい。



お待ちしております。

ティー・プロダクツ建築設計事務所
谷口 智子

工事の様子をレポートしています。↓
http://www.t-products.net/reports/matsumoto-house/










工事は完成に向けて外構工事も始まりました。
工事の皆さまどうも有難うございます。
宜しくお願い致します。

(記事公開:2018年10月18日)

2018.10.21

お引渡しと取り扱い説明 松本の家

建物のお引渡しの日、
見事な晴天でした。



外構工事は未だですが、建物・内装全般のお引渡しとなりました。
各設備の取り扱い説明が、各設備会社さんからお施主さんへ、丁寧に説明されました。



敷地内の排水のメンテナンスの話しや、



エコキュートの話し、



キッチンのIH調理器具、お風呂、トイレのメンテナンス
電気盤スマートメーターのお話し。
こういうのは、現物があって、操作しながら確認していきます。
が、何しろ色々な設備があるので、この時間で覚えるのは大変です。
脳みそに引出しを作るだけ、ですね。

もちろん、今後も何かあれば、各業者さんのアフターメンテナンスがあるので安心です。



結局、お昼を挟んで、夕方ぐらいまで、
施工のエムエーシーさん、建て主さん、設計がここで打合せ。
当日、床暖房もつけていたので、床の温かさも実感。
夜景の室内も確認できました。

皆さま、どうもお疲れ様でした。
後は外構工事が出来たら、外構引渡しとなります。
どうぞ、宜しくお願い致します。

2018.10.16

「土岐の曲り屋」内覧会のお知らせ

色々な生活の場が、長くて大きい一つの空間でつながった家です。
長い空間を僅かに曲げて、僅かに変化する室内風景を設計しました。



この度、建て主さんのご厚意により内覧会を行う運びとなりました。
是非この機会に内部空間をご体験頂けると幸いです。

2018年10月
27日(土)12:00~17:00
28日(日)10:00~16:00

岐阜県土岐市:JR中央本線土岐市駅から徒歩5分程度 (名古屋から中央本線乗り換え)

●お問い合わせ頂いた方に案内図をお送り致します。●
お問合わせメール:

info@t-products.net

谷口まで

 ・「土岐の曲り屋」参加希望・お名前・メールアドレス・携帯等連絡先をご明記ください。
 ・pdfファイルをお送りしますので、受け取れるメールアドレスが良いです。
 ・案内図メールが届かないなど不具合も考えられますので、携帯などのご連絡先もあると助かります。
 ・又上記の場合、谷口携帯 090-4384-8252 までお問合せ下さい。



お待ちしております。

ティー・プロダクツ建築設計事務所
谷口 智子

工事の様子をレポートしています。↓
http://www.t-products.net/reports/toki-magariya/






工事は完成に向けて仕上げ工事が佳境となっております。
工事の皆さまどうも有難うございます。
宜しくお願い致します。
(注:写真は10月4日時点の現場の模様です。)

|all articles| next >

2019.05.12 江の浦と箱根
2019.02.26 こんにちは、打合せデスクです。
2019.01.01 今年も宜しくお願い致します。2019
2018.12.21 間窓の家 できたてアルバム
2018.12.07 土岐の曲り屋 できたてアルバム

all articles >