t-products Architect's Office

2017.01.01

岐阜メディアコスモス

岐阜の高校生になりたい、、。

前から気になっていた岐阜メディアコスモス。
岐阜市の公共図書館です。出張の機会があって行ってきました。

001

いくつもの大きなぼんぼりが特徴的な図書館で、体感しないと分からないスケール感です。

002

エントランスを上がると大きなぼんぼり

003

ぼんぼりの下はそれぞれ、色々なスペースになっています。

004

005

006

グループスペースもあります。
小学生チームが何か開発している模様。
ホワイトボードで説明してる子もいて、頼もしい!

007

008

館内の案内板

009
何冊も本を抱えて、自分の居たい席を探す子。

010

席は大体埋まってます。

011

夕方になると、高校生の利用率が格段に上がります。
真剣な表情にほれぼれ。
ここで勉強するのはかなりクールな学生ライフです。うらやましい。

012

一階は閉架式図書スペースですが、ガラスで仕切られて蔵書量が一目で分かるのも、知の集積という印象で面白いです。

013

大空間の中にたくさんの大きな傘があり、それぞれ色々なスタイルで本が読める空間がされている。
そして、なんと言ってもたくさんの高校生が真剣な姿をしている風景はとても良かったです。
地域の図書館は蔵書量で競うのではなく、むしろ自習スペースの量や、グループ学習のスペースを充実させる事が
未来を感じる大事なことの様に思ったのでした。良かった。

2017.01.01

まつもとーーまつもとーー

あずさを降りると「まつもとーーー、まつもとーーーー」というアナウンス。
とても駅っぽい。
都内では、電子音の発着アラームに慣れきっているので、懐かしく又新鮮です。
現場調査の為に松本駅着。

市役所で色々聞いた後に、屋上に上がると松本城。

001

他にも調べ物で色々歩いたのですが、何かと面白い物を発見してしまうんですよね。

002

003

004

005

006

007

008

009

010

しかも上手く改修していて、新旧共存して生きている建物が多く楽しいです。
そして、今回は宿泊先もリニューアルされたホテル泊。

011

013

014

ラウンジが松本民芸の家具。全体改修のテーマは民芸でした。

015

ダイニングルーム

017

018

喫茶室。

020

ショップ

021

色々なコーナーがあり楽しめました。
民芸に徹底したデザインコード、世界観が良かったです。

松本は10年前に来た以来で、今回いろいろ歩き回りましたが、街のあちこちにポンプがあるのを発見しました。
翌日のお施主さんとの打合せで教えてもらいましたが、このポンプは全て山の湧き水で、お施主さんも水道水はあまり使わず、この湧水を汲んで日常使っているそうです。松本ライフはなんだか懐が深いです。

2015.02.10

いわき散策

はじめていわきに来ました。
歩くと、蔵が多い事にきづきます。

IMG_20150206_1037391

IMG_20150206_1041171

IMG_20150206_1151111

IMG_20150206_1204511

前記事のワークショップで、いわき市街を散策する機会がありました。

IMG_20150206_1149401

IMG_20150206_1144371

IMG_20150206_1148251

IMG_20150206_1147381

このワールドホールも佇まいが面白い。
ほんの少しの時間でしたが距離感がわかりました。

2015.02.10

劇場での学び

2月初旬の4日間いわきに行ってワークショップに参加してきました。
会場はいわきの公共ホール、アリオスです。
構想時点から市民や芸術監督が参加してディスカッションした画期的な体制で進んだホールということで、大変興味深いものです。

Exif_JPEG_PICTURE

劇場という空間や機能を見学、体感できるのは率直にワクワクします。
劇場は公園に面していて地上階と2階のアクセスがありました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

今回のワークショップは見学だけでなく、運用される実務者の方など劇場に関わるいろいろな立場の方々が参加し、現在の課題をワークショップ形式でディスカッションしていこう、という物でした。
施設見学から始まり、いわき市街探索、企画構想段階から建設までの講義、いま求められる劇場・公共空間のあり方へのディスカッション・プレゼンテーション、演劇ワークショップ等々、4日間ハード面・ソフト面充実の内容です。

子供向けの造形ワークショップは私も企画の方で経験ありますが、今回は演劇系のワークショップもあり、これはより具体的な人と人のコミュニケーションを作るもので、発見がありました。グループディスカッションとプレゼンテーションなど、私のクライアントワーク(通常の設計業務)と状況が違い、ハラハラドキドキしながら頭をフル回転させました。

やはり、時には造形的・機能的な個人の設計作業を離れて、「みんなの場」を、一歩俯瞰した視野からディスカッションするという機会に参加する必要がありますね。今回お会いした全ての方々から、色々な意見や経験を聴けて、かなり触発されました。

Exif_JPEG_PICTURE

期間中、この劇場では色々な所で多くの高校生を見ました。ホール以外の廊下、ロビーや会議室などで、勉強をしていました。日常的に劇場を行き来する若い人がいるという光景は、単に劇場ということではない開かれた物であることを感じました。

2017.02.02 スタッフを募集しています。
2017.01.01 明けましておめでとうございます。
2017.01.01 行く年来る年。2016年の筆無精、まとめ。
2017.01.01 2016オルガン、どうも有り難うございました。
2017.01.01 男木島図書館

all articles >