t-products Architect's Office

2018.04.10

多治見 モザイクタイルミュージアム



地鎮祭の後、お施主さんがモザイクタイルミュージアムに連れて行ってくれました。
土岐市の隣の多治見市ですが、以前から気になっていたので、絶好のお誘い有難うございます。
(設計中はやっぱり、なかなか見学の時間が取れなくて先延ばししていました。)

遠景から見ると、入り口が分かりませんが、
近づくと、、



すり鉢状の前庭。この緩やかな高低差のアプローチは良かったです。



外壁表面はこんな感じです。



中に入ると、、、



階段!
このシーン、焼き物を焼く「登り窯」を少し想起させます。



登りきると、
銭湯みたいな白いモザイクタイル空間



続く奥には、、



空!
ガラス無し!
つまり屋外!

(メンテナンスとか色々考えると実験的ですが、)
タイルに日の光が反射して、ホワイトアウトした空間はやはり奇麗でした。





ここら辺のモザイクタイル、懐かしい。そして銭湯に行きたくなる。



下の階ではたくさんのモザイクタイルが展示されていました。



是非、復刻して頂きたいです。

1階はミュージアムショップとワークショップスペースでした。
規模が比較的小さいので管理的には手と目が配りやすそうです。
又、焼き物のなかでもロクロを回すのではなく、モザイクタイルを好みに貼るというようなワークショップの様なので、気軽で身近で、小さいお子さんも参加しやすそうでした。

どうも有難うございました。

|all articles|

2018.07.03 庇まわりと金物検査
2018.06.30 墨モルタルのストライプ 床暖工事
2018.06.19 魚の骨の図  土岐の建方 
2018.06.15 牛伏川階段工とその上
2018.06.11 松本の家 上棟式と金物検査

all articles >