t-products Architect's Office

2019.05.12

江の浦と箱根

四月のはじめ、
江の浦と箱根に行ってきました。
調度、桜の咲き始めの時です。
(既に一か月も前ですね)



海の見える江の浦駅



江の浦には「江の浦測光所」という美術館があり、その見学が目的でした。
残念ながら内部の写真は公開できないのですが、
建物の細部など興味ある所が多かったので、パシャパシャ記録しました。



庇の納まりシャープだな、と見上げると桜。



下を見ると桜の木漏れ日。



雨落としの砂利、ではなくて、見事な玉石



マニアックな継ぎ方をしてるなーとカウンター材を眺め、。
板材、といってもそれぞれ大版で、それぞれの木の形を活かしたまま、継ぐ、それもきれいに、
現物を見ると色々立ち止まって見てしまいます。

ただ、これだと建物の雰囲気分からないですよね。。
実際に行くのが良いと思います。



何しろ海が見えて



猿の腰掛的な、謎のキノコを発見したり、
晴天だったり、で、
ほぼ遠足でした。

その足で、箱根菜の花展示室へ



山が笑い始めている

牧山 花さんの展示を見に行きました。
夏用織物がずらっと並んで、今までの色々な柄を見る事ができました。
着物に仕立てたらさぞ涼やかだろう。。
「牧山 花・夏ころも」



展示空間も良かったです。



足元の左官の表情



ホールや他の展示室







トイレまで念入りに撮影してしまいました。



遠征では気分転換の要素がほとんどですが、
色々な所で、上手く・気持ちよく、使われている空間や建物を見るのは嬉しいものです。
そういう計画や設計につながる様に、写真パシャパシャ、記録しています。


|all articles|

2019.05.12 江の浦と箱根
2019.02.26 こんにちは、打合せデスクです。
2019.01.01 今年も宜しくお願い致します。2019
2018.12.21 間窓の家 できたてアルバム
2018.12.07 土岐の曲り屋 できたてアルバム

all articles >