t-products Architect's Office

2018.09.13

木製のガラス引戸などなど 土岐の曲り屋

9月になって、今回の現場は涼しい風が吹いています。
工事車両がたくさん、賑やかです。



足場が取れましたね。
コンクリート壁の奥、、玄関の引戸が付いている!





取っ手は工事期間中用の、建具屋さん特製です。





手洗いカウンター、設置済み



振り返ると玄関の方の板張りも貼られていました。
天井は、屋根の勾配を反映して折上げています。



養生されててわかりにくいですが、木製サッシが入っている様です。



目下、ガラス屋さんが、ガラスを入れている所でした。



開閉部分のサッシはどうなっているかというと、、



ついてます。
大判ですが、レールを平角にしてあるため滑りは良いです。



外の様子は、、、



出来てます、、。
凄い見上げ構図ですが、、、
土間のレベル調整をこれからするので、もう少しヒューマンスケールになると思います。



中庭の外壁もできていました。
さて振り返って、室内は、



ここには6枚の障子がきます。
そのレールを吊る金物。



工務店さんと建具屋さんの打ち合わせている奥の壁は、大工さんが難儀したところ。
エアコンや、障子の戸袋など、複雑な立体構成になっております。



その裏にある納戸は棚板固定中でした。



壁埋め込みの造作も出来てきました。



振り返った廊下の眺め。
見えるようで見えない。
絞り込んだ空間です。



広い所に出てきました。



あの奥に、
棚ができてるようですね。



棚板は厚く、縦材はシャープに、。



他の家具が搬入されてきました。



キッチンの吊り棚です。



外装は納まってきました。
内装はこれから、色々な職人さんが入っています。



お昼休憩に少し日差しが出てきました。
皆さま、これからも宜しくお願いします。

2018.09.09

左官の準備 松本の家

外観の雰囲気が変わってきました。



黒いアスファルトシートに
金属のメッシュ



金属のメッシュはラスと言います。
左官工事の下地として張り、モルタルを食い込ませるための物です。
コーナー部は補強します。



これから2~3週間位、下塗り・中塗り・ひび割れ防止メッシュ・上塗りと進みます。
天候に左右される工程でもあるので、焦らず、ですね。



玄関の中から室内です。
結構進んでいそうです。



こちらは下足収納です。



ガラススクリーンのフレームが出来ていました。



広さの感じ方が又変わってきました。



この中はギャラリーとなります。





床のタイルも来ていました。
目地の色決めです。



吹抜け方向見ると



室内はクロスを貼る前の目地止めパテ処理の準備です。



階段の踏板
塗装の色が宿題です。



2階の階段ホール
奥のサービスバルコニーも左官下地は貼り進んでいます。



曇天でしたが、トップライトでここは明るいです。



曇天で山は見えず、、又今度。



窓だらけ?
外光が色々な所から入ります。



クローゼットもできていました。



それに続く洗面所



実はわかりにくいですが、塗装下塗りも行っていて、修正部も予め確認できました。



これから仕上げに向けて進みます。
雨が気になる所ですが、
工事の皆さま、安全に、宜しくお願い致します!

2018.08.26

吹抜けにタワー 松本の家



吹抜けに足場が立ってます。

内部足場が立ったので、下地ボード貼りが進んでいます。



あのグレーのエリアは、、。



ビスケットの様にエクボがドット上についたラスボードです。
ちょっとユニークな表情。このままにしてしまおうか、。



左官の下地に使用するものです。
このエリアはモルタル金鏝仕上げとなります。
下地の段階でエリアが分かりやすくなってきました。



吹抜け方向を見てみましょう。



振り返って



薄みどりのボードは防水ボードです。
(上張りの紙に防水性があります。)





1階は大体下地ボードが貼られてきました。



こちらは玄関への出入口。
ガラススクリーンのためのスチール枠がついてます。
ガラスはこれからです。



縦枠と足元の枠の納まり。
建枠が細くてシャープ。床側はフローリングに埋め込まれています。



天井側の納まり。
引戸用のレールは天井に埋め込み、仕上がると目立たなくなります。



こちらが引戸の戸当たり。
隙間風が入らない様に、少しくぼみをつけてますが、引戸を閉めると枠の存在が消えるようにシンプルにしています。



トイレの建具枠



納戸の建具枠

さて、2階に行きます。



階段ホールです。
奥に見えるのがサービスバルコニー。
外壁の左官用下地が貼り進められています。



階段ホールに小窓が付きます。



洗面所からウォークインクローゼットへの見通し。
洗面所は腰壁が出来ました。



ウォークインクローゼットから洗面所への見通し。



間仕切り壁越しにウォークインクローゼットの窓の光が差し込む配置になっています。
色々なところから日光が反射する仕組みです。





もう一つの部屋の窓から吹抜け、吹き抜けの先に窓



横長の窓からは、山。山は頂上付近が少し霞がかってました。



浴室のバスタブから窓の奥にサービスバルコニー。



サービスバルコニー。
横方向に打ち付けられた板は木摺といって、左官の下地材です。
この上に防水紙、金網(ラス)を貼って、左官工事になります。



外壁の半分位は木摺が貼り進められていました。



内部のボードが貼り進められて大分室内の雰囲気が分かりやすくなってきました。
現場打合せでは今後の家具工事に備えた打合せを行いました。

そして
やっぱり今回も暑かった、、。
残暑まだまだ暑いですね。
工事の皆さま、どうも有難うございます。

塩分・水分、十分に、
これからも宜しくお願い致します。

2018.08.25

バラ板打ち放し 家具打合せ 土岐の曲り屋



お盆も明けて、お盆前に型枠で包まれた玄関の壁、どうなってるでしょうか。



今回も快晴!暑そうですね。。。



型枠はずれてます!



杉板の木目が映っています!
穴にはこれからポストがはめ込まれます。
素材感が出てきました。



前回の建具打合せのフィードバックで建具屋さんと打合せ。
玄関の引手を取り寄せて現物を見せてくれました。
スチールの金物部分の寸法など確認。
そして、諸々再確認。



こちらは、、トイレの手洗いカウンター材です!

耳付き材(小口に木の皮が残っている材料です)のため、
一回調達して加工に入ったら、葉節があって見栄えが良くない、
という公務店さんの判断で、もう一回取り直してもらった様です。
有難うございます。



設置するとこういう見え方になります。
(写真90度回転してます、背景は気にしないでください。)
穴の所には手洗い器が埋め込まれます。

今回のメインの打合せは家具屋さんと家具の打合せでした。
まあ、色々と宿題はありますね。。

さて、木製建具の枠と外壁の納まりも課題。
現場で納まり検討です。



縦材と横材と外壁の板材、実際に材料を当ててもらいました。



色々シミュレーションしてもらい決まりました。
建具屋さんにお願いしていた木サッシは既にできている様です。
仕上げが出来れば後は搬入。



廊下の奥の壁下地も決まってきました。



ロフトはこんな感じ



段々、枠・下地が決まってきて、これから石膏ボードを貼る準備です。
現場には石膏ボードが高く積まれました。



北側外壁。隣地との離れも確保しています。









外壁の焼杉部分は全て貼り終わりました。
外観はほぼ決まっていました。後は中庭の外壁を残すのみです。

台風の影響で、晴天から急に雨が降ったり、強風が吹いたりですが、暑さ変わらず、、、。
今週は大工さんも4人位で作業してます。
皆さま、暑い中どうも有難うございます。
宜しくお願い致します。

2018.08.22

解体開始 -S project-



お盆明けに早速、解体工事が始まりました。
これから始まる工事、出来上がりは

美味しいお店になる予定です!
ご期待下さい。

オーナーさん、
工事の皆さん、
これから宜しくお願いします。

2018.08.11

お盆前の木製建具の打合せ

お盆前、建具の枠が決まってくると次は木製建具の打合せです。

さて玄関では、入口の目隠しにRCの壁を計画していましたが、
出来てました!コンクリートが打たれていました。



今回、バラ板といって、幅90㎜の杉板を貼って型枠にしています。
型枠合板だと合板サイズで平滑な表面となりますが、
こちらの場合、板張りの目地、板の木目がコンクリートに転写され、表情のある壁になります。
残念ながら型枠解体は未だなので、今回はその表面の仕上がりを見る事は出来ませんでしたが、次回かな。



フローリングはほとんど貼られていて、既にシートで養生されていました。



こちらがそのフローリング。オークです。



玄関の框とフローリングの割り付けを検討している所。
残すはこの様な細かい所です。



あの上等すぎる桧の無節の敷居は、ガルバリウム鋼板で包まれていました。

という事で、この日は木製建具の打合せです。
建具屋さんと、設計図の調整必要な部分を検討しました。
今回の計画では、通常は仕切りの無い広々空間、必要な時に仕切れる様に木製建具を閉めたり開けたりできるようにしています。
シーンに合わせて間仕切れる、という仕組みです。
そのため木製建具の枚数は多いです。午前中からお昼を超えてみっちりです。宿題もたくさん。



とにかく晴天!
つまりは猛暑!
外壁は涼しい時に行っています。
工事の皆さま、暑くて大変かと思いますが、宜しくお願い致します。

2018.08.04

吹き抜けた! 松本の家

吹抜けが吹抜けました!



といっても以前から吹抜けだったのですが、2階レベルの足場板がなくなったというのが正確な表現ですね。

床仕上げのフローリングが貼られたので、これからは内部足場を組んで木工事となります。
未だ、内部足場が無いので、吹抜け空間はスッキリ。
光の入り方やボリューム感などが分かりやすくなっています。





リビングの吹抜け空間です。



2階の各部屋の窓です。

今回は、居間の傍らのコーナーを仕切るガラススクリーンの打合せをしました。



腰壁の下地組で大体のエリアが分かります。腰壁の上にスチールで作るガラススクリーンができます。





1階、2階のフローリングは全て仕上がっていて、既に養生シートで覆われていますが、一部見える所で様子を確認。



1階のフローリングは150㎜の幅。見応えありそうです。



階段の回転部分の踏板が納品されていました。厳重な養生です。

目下の作業は、木製建具の枠の取付です。
引戸+欄間のFIX部分。材料の納まりはちょっと複雑です。



他の部分も、納まってきました。戸当たり・戸じゃくり、ピシッとなってます。



枠が納まると、壁の面材もどんどん貼れる状態になります。
細かい所を先に決めていくので、今の現場はジリジリと細かい所を地道に進める、という感じです。

8月に入り、更に暑さが増しそうですが、
工事の方々、どうも有難うございます。
暑さに重々気を付けて、今後も宜しくお願い致します。

2018.07.29

台風前の焼杉姿

台風がやってくる、。
台風を連れて現場確認か、というタイミングでしたが、セーフ、でした。
むしろ、台風に備えて足場養生を開けて(足場が風圧受けない様に)居たため、外観がすっきり確認できました。



焼杉板が張られてます!
(こちら玄関周り。)



中庭側です。



外壁に使用しているのは焼杉板です。
杉の表面だけを焼くことで対候性能を持たせた材料で、昔から民家の外壁に使われていました。
焼いて炭化させているため、手に取ると黒い煤が付きます。今回はそれをブラッシングして、クリア塗料で煤を押さえた材料です。この状態で製品化された物を見つけたので、現場での取り扱いは比較的容易です。(本当は焼いている所を見たい、というか、バーナーで焼いてみたいのですが、)

参考までに、こちらです。→スギゴコチ 焼杉



それと工務店さんが教えてくれた焼杉用ビス!
若井産業 焼杉板ネジ。目立たないですね。遠目ではほとんど気にならない。
杉板は日射や乾燥などで、ある程度反りが生じるので正面からビスで打ちます。
焼杉板ネジですよ。



反対側から見た外観。
敷地の高低差もあるので小ぶりに見えます。

さて内部です。



今回は大型開口部廻り



敷居・鴨居5.4m、入ってます。



床材貼り始めの起点をどうするか、
絡む引戸レールと床材目地の取り合い等を打合せました。



見事な敷居。桧の無節。
桧は対候性に優れています。長物は無節しかなかった様です。
本当はこちら板金で隠れてしまうので少し上等すぎるのですがネ、、と大工さんと工務店さん。



中庭から見ると



ここに木製サッシが入ります。



シアターサイズ!楽しみです。



この壁もちょっと複雑な納まりなので打合せました。



もう一回外観。



今回、お施主さんと一緒に現場確認を行いました。
それぞれの窓からの見え方、外壁下地・内壁下地の作り方、電気コンセント等の配置確認など、図面でなく具体的な空間で確認出来て良かったです。どうも有難うございました。

連日の猛暑の中、大工さん・工務店さんどうも有難うございます。
といってもこれから8月始まるのですよね、熱中症にはくれぐれも注意して、
今後も宜しくお願い致します。

2018.07.22

床貼り始め 松本の家

今回の現場、午後から床材貼りが始まりました。



床は床暖対応のオーク材です。



床材をどこから貼り始めるか、起点を決めるのは、他の要素・他の部材や床材の切れ目などで決まります。
午前中の打合せで、起点の要因となるガラススクリーンの納まりを打ち合わせ、ここからというポイントが決まりました。
多分あっという間に貼られるのですが、今回私は時間切れ。養生貼られると見られなくなりますが、一応材料確認できてよかったです。
床が張られたら、吹抜け部に内部足場が組み立てられ、内装下地工事が進むことになります。

さて今までの現場をフィードバック。



家の動脈・静脈みたいですね。赤が給湯・青が給水・グレーは排水管です。



上下階に配管するためパイプシャフト部分は凄い密度です。
パイプだけでなく電線も大変な状況です。電気は神経系と言ったところでしょうか。
となると分電盤は脳みそ?光通信は視覚聴覚?
ま、その位にしておいて、、。
(個人的には漫画のAKIRAを思い出してしまいます。)



上部は水回りになっています。天井が張られる前のタイミングで改めて2階水回りの配置確認をしました。
こちらは玄関と下足納戸になります。



玄関入口側。開け放すと風が通ります。



2階のユニットバスも入りました。



浴室にあけられた窓からサービスバルコニーが見えます。



という事でサービスバルコニー



FRP防水の施工が進んでいました。工程の最後に白いトップコートで仕上げる予定です。



南側のバルコニーです。

さて各部の進捗記録。まずは戻って一階。



天井下地材が出来て、天井高さが想定できるようになりました。



埋め込みのレールがあるので下地に段差をつけたり等、写真ではわかりにくいですが色々なところに手間がかかっています。







さて2階です。



階段は白塗装の下塗りとなっています。





階段ホールはトップライトとサービスバルコニーの効果もあって、ギャラリーとしても使えるコーナーになりそうです。



2階の勾配天井は形になってきましたね。



遠近感のある部屋。



ユーティリティーとウォークインクローゼットがつながって回遊動線になっているのですが、
こちらも南北通った遠近感がでてます。



決して広くはないのですが、色々なところから光が入ってくる部屋



間仕切りに入れられた断熱材は吸音用です。
ここに一ヵ所間違いがあるのですが、次回は直っているはず。



窓の向こうに窓、の構図。



連日の猛暑日。

今回は午前中、施工打合せ。午後お施主さんに現場で進捗を見て頂き、その後設計は宿題内容の整理。
お暑い中、お施主さんも大変だったと思いますが、色々と差し入れなど、どうも有難うございました。
検討事項を現場見ながら確認できるのは良かったです。

又、工事の皆さま、暑い中作業お疲れ様です。
安全第一・体調大事・ご無理の無い様、今後とも宜しくお願い致します。

2018.07.03

庇まわりと金物検査

良い天気です。梅雨明けたそうです。今回は金物検査です。



まずは、玄関前の鉄骨柱です。ジョイント部スッキリ!
工務店さん、きれいな納まりにしてくれてありがとうございます。
宙に浮いてますが、この後、コンクリートの壁とジョイントするので大丈夫です。



見上げてみる。
玄関庇ですが深さも丁度良さそうです。



こちらは南側の庇。
垂木の明るい所は半透明の庇で、既についた様です。



ぎらり、暑いです。



工事は、構造壁のダイライトや合板、接合金物、一部サッシも取り付けられています。
段々室内と室外が区分けされてきました。

今回の主題、金物検査は
構造設計さんの各部確認と、更に金物が納まりにくい所の対処、補強箇所の指示がされました。
最終的に柱や梁が化粧で出てくる所と、隠れてしまう所等、
具体的に組み立ててから気が付いたり、今の段階で調整したりです。



そして、現況の内観











ここ、木製サッシです。工務店さんの施工図を基に今回打合せ、これからもう少し調整して枠が決まります。よくイメージしておかないと。







他にも木製建具の枠、巾木納まり、端部の始末、㎜単位で打合せましたが、今回は序章。
やはり宿題持ち帰りの部位がどんどん出てきますね。
という事で写真は撮り残しのないようにしなければ。



工事の皆さま、これから暑くなりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

< back |all articles| next >

2018.12.07 土岐の曲り屋 できたてアルバム
2018.11.07 有難うございました。松本 間窓の家
2018.10.29 有難うございました。土岐の曲り屋
2018.10.25 松本「間窓の家」内覧会のお知らせ
2018.10.21 お引渡しと取り扱い説明 松本の家

all articles >