t-products Architect's Office

2018.05.12

鉄筋まぶしい晴天の検査

今回も晴天!
この日は鉄筋検査とプレカット打合せの2本立て。



とにかく、まぶしい。そして出来てる、出来てる。
空が広い!のと鉄筋のグリッドがモアレ状に見え、遠近感がわからなくなりそうです。



天気は最高なのに、マイカメラ(広角)のご機嫌が悪い。
という事でスマホカメラのパノラマ設定でなく、手動パノラマで広角につなげてみました。

居間からの眺め



中庭からの眺め



そして、一番奥からの眺め



鈍角に曲がってます。いい曲りです。



背骨伸ばしてる感じでしょうかね。

鉄筋検査の方は、構造設計さんの指摘何点かはありましたが、すぐ調整・対応できる内容でした。
鉄筋工さんが良いのか奇麗に組んであります。

午後はプレカット打合せ。
工務店さん、担当大工さん、プレカットさん、構造設計さんとお施主さんも同席の打合せだったので、
構造納まりと造作納まり、材料、段取り、建て方までの一通りを見通して打合せすることが出来ました。
今回の担当大工さんは製材もしているらしく、通常だったら特注材の様なものでも対応可能だそうです。

雑談中、「こういう大きな径の○○m長さの杉はないか?」と聞くと、
どこに何が植わっているかすぐわかる仙人みたいな人が居る、などなど面白い話も聞けました。



敷地遠景。
手前は敷地ではないんですが、この雑草エリアは畑になるそうで、なかなかの解放感!
色々と楽しみです。
今後も宜しくお願い致します。

2018.04.27

地盤の改良

地盤改良工事が済み、現地確認してきました。



敷地までは用水路が流れています。
朝日が反射しています。





発掘現場みたいですが、丸い所が杭の位置。
この土工事でGW突入ですが、GW明けから基礎工事です。



用水路側からみた敷地の眺め。
手前の芽吹きや新緑が美しいです。



コメダコーヒーおひざ元、駅前でモーニングです。あの厚切りトースト小倉付。
関東で食べるのと違う。(訂正:関東では食べてません)
お施主さんによると、この地域、モーニング文化が凄く発達してるそうです。

この後、中津川方面行って特急しなので松本の予定です。

2018.04.23

敷地に線が描かれた



敷地に建物の位置出しができたとの工務店さんからの報告頂いて、
即、行ってきました。
地縄張り・遣り方の確認はもちろんですが、
建物内部位置からどういう広さか、どういう視界か、
とにかく1/60のスケールで書いている図面が、現寸でどういうスケールか見たいですよね。

とその前に、
敷地は道路より少し下がっているので、盛土作業がありました。





なんとなく夕焼けの光です。(こちらも工務店さんからの写真です。)
盛土が終わっての位置出しでした。

線の中に入ってみる。
地盤レベルから60㎝位の所に細ーい水糸がはってあり、触れない様に気をつけて中に入るんですが、
何しろ細すぎて見えにくい。映画ミッションインポッシブルの様な所作が必要です。



写真でも線が見えにくいので、上から書いてみました。
居間のビューです。右手は入り口。



左側に中庭エリア・廊下と続く。



建物奥から見返してみる。
長いですね。
少し反っている軸。これは廊下の見通しビューです。

お施主さんと一緒に空に向かってイメージ確認してみました。



道路から。
玄関が母屋から突き出ているので、母屋側を少し隠しています。
プライバシーもある配置となりそうです。

次週から地盤改良工事となります。
工事の方々、宜しくお願いいたします。

2018.04.10

土岐の曲り屋 地鎮祭



四月のはじめ、おかげ様で「土岐の曲り屋」地鎮祭となりました。



曲り屋といっても本当にゆるーく僅か僅かに曲がった長い平屋です。
敷地は今までも畑でしたが、南側を大きく畑にして、食べられる庭になります。
住まいはその畑に面して長ーくゆったりと膨らみのあるカーブを描き対面します。

雨天の可能性も高かったので、工務店の方がテントを張ってくれました。
未だ建物のない敷地は広いですね。
そして雨が降らなくて皆さん一安心。





神主さんはお施主さんが日ごろお付き合いのある方で、「今土地の神様をお呼びしました。」「こういう神様とこういう神様と、、」と解説と実況を丁寧に行って頂いて、改めてフムフムと頷く事多く、良かったです。

これからの安全祈願ができ、これから着工です。
工事担当の皆様、そしてお施主さん、これから宜しくお願い致します。

2018.05.12 鉄筋まぶしい晴天の検査
2018.04.28 着々と鉄筋検査
2018.04.27 超特急散策 松本
2018.04.27 地盤の改良
2018.04.24 多治見探索

all articles >