t-products Architect's Office

2018.06.19

魚の骨の図  土岐の建方 



木造の建て方はあっという間です。1日か2日位で3次元の空間になってしまいます。
特に、その途中に現れる風景、スカスカの骨組みの内部空間が面白いです。
完成すると体感できない空間なんだよな、ついつい写真多め、です。

さて梅雨入りが2日前から始まって、この建方、天候が持つかという絶妙なタイミングでしたが、
岐阜入りの時は雨が降っていない、何とか何とか、、、持ちそう、、、と少し安堵しました。



やってます!
大量の断熱材を積んだトラックが居る。その奥。



既に柱は建っていて、梁を吊りこんでいる。



棟木の一本目。



なんとなく外形見えてきたでしょうか。



合掌の大梁に架かる棟木。
ここは棟木が一番飛ぶところ。



これが最後の棟木。





THE 棟上げ!



立体感、こんな感じです。



床の大引きを組みます。



後で大梁に架ける、登り梁がこちらに。



設計では、この登り梁、ツーバイフォーの材料で計画していたのですが、
工務店さんと製材所・大工さんが松の挽物を用意してくれました。

お昼ご飯を挟み、この工程の後に入る屋根工事に備えて板金屋さん、
屋根合板の前に仕込む必要がある電気工事の打合せ、
などなど、色々打合せていたら、、、



あっという間に、殆ど登り梁が架けられていました。早い。
それにしても、午後からは相当な晴天になってます。









並んでます。



登り梁と晴天の日差しと。
魚の骨模様、ヘリンボーン。
このままの空間でもいいのではないか、
なごり惜しさがよぎります。



遠景からみると、だいぶアウトラインが見えてきました。
大工さんたちは3時の休憩。



天井の合板を貼り始めました。









一日目はここまで。
天井面が出来て随分と雰囲気が変わりました。



お疲れ様でした。

・ ・ ・
2日目スタートです。
とても天候に恵まれています。





2日目は、天井合板の上に庇の垂木を乗せ、屋根の断熱材を敷き、最後の合板、野地板を貼ります。



まずは庇の垂木です。





内部から、庇の出幅が確認できました。



そしてトップライトの開口が開けられました。





次は断熱材。断熱性能の高いネオマフォームです。



奥の方にトップライトの下地も確認できます。





中庭の垂木も貼り進みました。



見通すと梁と垂木の連続感。





天窓や中庭の光のグラデーションも現れてきました。



とにかく、絶好調な空模様。有難いです。



母屋に付随して小さな棟があり、谷部分の取り合いは現場合わせの部分なので、
かなり手間がかかっていました。有難うございます。



天候も味方して、予定していた上棟式となりました。



棟梁の祝詞のもとに安全祈願をし、四方に御酒と塩で清めます。



お施主さんも初めてこの空間の中に入り、空間の大きさを体感して頂けて良かったです。
設計中の模型やスケッチでイメージするのは難しいですよね、
実際のスケール感で少しでもこれからの暮らしを想像して頂けたらと思います。
おかげ様です。

お昼は、お施主さんのお弁当を頂きました。どうもご馳走様でした。

今回の木工事担当の方々は製材も行っています。
プレカット打合せの時も、東濃の製材については少し聞いていたのですが、
一緒にお弁当を食べながら、今回はもう少し具体的な事が聞けました。
東濃桧というと敷居の高い印象がありますが、
話しによると、桧はもっと価格的にも多用できる材料だという。
興味深いし展開の可能性を感じます。もうちょっと色々聞く事ありそう、。



庇のアウトラインもできてきています。
なんとも天気が有難い。

お施主さん、工事の方々、
色々とどうも有難うございました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

|all articles|

2018.09.13 木製のガラス引戸などなど 土岐の曲り屋
2018.09.09 左官の準備 松本の家
2018.08.26 吹抜けにタワー 松本の家
2018.08.25 バラ板打ち放し 家具打合せ 土岐の曲り屋
2018.08.22 解体開始 -S project-

all articles >