t-products Architect's Office

2014.12.16

ごろりの家

「ごろり」。
この姿勢は最もくつろいでいる時の形であり、家の中でないとなかなか出来ない体の形です。和室がなくとも「さま」になり、安心感のある場所とそれを享受する幸せの「ごろり」空間を設計しました。

木を人が見守る様に寝転んでいるスケッチを描きましたが、それがこの家の配置イメージです。色々な諸室が庭を囲んでいる中庭配置です。周辺は駐車場やアパートが近接しているため、中庭型としてプライバシーを高め、中庭とそれを望むゴロリ空間を包んだ形です。

ごろり空間は、みんなの居る居間と中庭に寄り添う様に長く配置しました。少し包まれた感じにポケットの様な形になっています。他の活動の場所それぞれもポケットの様に包まれながらコーナーとなっていて中庭を囲んだ回廊に開いています。

ごろりの場所に寝転んでみると、切り取られた中庭の青空と、高い天井の構造梁とを仰ぎ見ることが出来ます。体ごと上を向いて、ぼーっとなれる空白の時間が用意できました。
所在地 東京都 清瀬市
主用途 住居
構造 木造(在来工法)
規模 地上2階
構造設計 平岡 伸逸 平岡建築構造研究所
設計期間 2013年3月~2013年10月
工事期間 2013年11月~2014年7月
施工者 サンヨー住宅

過去のレポートはこちら

2016.02.25 鍋達、本達の居場所づくり。
2015.08.26 ダークダックス
2014.12.16 ごろりの家
2014.08.21 bistro-vin Gare de M
2014.08.02 さざ波デスク

all articles >