t-products Architect's Office

2014.05.27

瀬戸内国際芸術祭2010 オルガン

「オルガン」
-あなたの声は、風の様に隙間をくぐり抜け
 畑の野菜を揺らし、小道を飛び越え、石垣を登り
 見晴らしの良い空に駆け抜ける。-

立体迷路のように入り組んだ男木島の路地に、パイプを配管。
望遠鏡や潜望鏡が組み込まれたパイプを覗くと新たな光景が現れたり、路地と路地をつないで会話のできる伝声管からは、ハモニカや風などの音が聞こえたりと、パイプに沿って歩くと楽しくて発見のある体験ができる。

男木島
制作のため長期滞在した男木島は、急斜面に家々が重なるように建った特徴的な景観の集落です。それぞれの家は海越しに夕日を眺めることができ、海の向こうには絶妙な配置で大槌・小槌・瀬戸大橋がのぞめます。男木の路地は1間足らず、男木の路地で車の音は聞こえません。路地には特に名前もなく、迷ったら島の人に聞くのが一番です。ただし、暗記力と体力は必要です。そういう全てが他にない魅力的な島です。

このプロジェクトを遂行するにあたり、島の方々、事務局スタッフの方々、本当に多くのこえび隊の方々、協賛企業の方、多くの皆様にご協力頂いたこと、この場を借りて御礼申し上げます。どうも有り難うございました。

谷口智子
作品番号 56
所在地 香川県高松市男木島(男木島 高松からフェリー「めおん」で40分)
*島の路地上に展開しているので発見して下さい。
開催期間 2010年7月19日~10月31日の100日間
塗料協賛 恒和化学工業株式会社
瀬戸内国際芸術際サイト http://setouchi-artfest.jp/artwork/a050

過去のレポートはこちら

2016.02.25 鍋達、本達の居場所づくり。
2015.08.26 ダークダックス
2014.12.16 ごろりの家
2014.08.21 bistro-vin Gare de M
2014.08.02 さざ波デスク

all articles >