t-products Architect's Office

2014.07.22

F・J邸

お施主さんが大切に使っている「大きなテーブル」を中心にした家に改修する計画です。

幾たびの転居でも部屋の広さが小さくなっても、20年間使い続けた巾2.7m・奥行き1.1mの大テーブル(折り畳んでも2.3m)。このテーブルでご飯を食べ、新聞を読み、くつろぎ、書き物をしたり等など、テーブルを中心としたライフスタイルが培われていました。

今回30年前に建てられた鉄骨住宅を、このテーブル中心のライフスタイルがゆとりを持って成立するように、改修をしました。居間と和室は間仕切りを無くし大空間として、大テーブルを配します。大空間とは対照的に、窓際に1.5m巾の縁側状の小さなコーナーを設けました。この+アルファ空間の片隅に書斎を配置しました。大空間に寄り添って、見えつ隠れつの奥様とご主人の個々のコーナーを設けることで、奥行き感と多様なシーンを作り出しています。
所在地 福岡県北九州市
主用途 1世帯住宅
構造 軽量鉄骨2階建て
設計期間 2010年11月~2011年8月
工事期間 2011年8月~2011年11月
改修内容 全面改修・外壁吹きつけ・外壁断熱・1階の大リビング化・2階間仕切り追加・設備更新。 ・床暖房・駐車場拡大の為の擁壁工事・バルコニー拡張 等

過去のレポートはこちら

2016.02.25 鍋達、本達の居場所づくり。
2015.08.26 ダークダックス
2014.12.16 ごろりの家
2014.08.21 bistro-vin Gare de M
2014.08.02 さざ波デスク

all articles >